マンション売却で高く売る

マンション売却で高く売る~値下げ交渉を回避するには?

マンションを売る際には出来るだけ高く売りたいと誰もが希望しますよね?高く売る事だけに頭がいきがちですが、その他にも結果的に高く売れたとなるようにする方法があるので紹介しておきます。

多くの場合、これから説明する手順を踏んで売却していく事になるので、この方法が使える方は利用してみてください。

結果的に高く売りたい時に使える、マンション売却のコツ

マンションを売却する際の簡単な流れを説明しておくと、まずは、不動産会社に査定依頼→査定結果を元に、仲介を依頼する会社を選ぶ→媒介契約→売り出し開始→希望者が内覧→購入→売買契約成立→引渡し

と大体このような流れで進んでいきます。

マンション 売却 高く売るには、仲介を依頼する不動産会社をどこにするかが、ものすごく重要ですが、業者選びについては、またの機会に書きたいと思います。

今回の記事は、売却時に必ずあると言っても過言でない「値下げ交渉」について話をしたいと思います。

ほぼ100%ある値下げ交渉!売主は不利になりやすい

ほぼ100%あると言っても過言でない値下げ交渉。もし自分がマンションを探している場合でも、ダメ元で値下げ交渉すると思いますので、通常ほとんどの買主が値下げ交渉を行っているはずです。

おそらく多くの場合、お互いが譲歩しあい売買価格が決定するのではないかと思います。大体ですが、売り出し価格が2450万円であれば、買主は2400万円にならないか?、売主は2450万円で売りたいとなるので、間を取って2420万円~2430万円など、金額は違えど、「間(あいだ)を取って」と折り合いを付けると思います。

不動産会社が間に入っていますのでどちからかを説得する形で売買契約を結びますが、この値下げ交渉は売主が不利なんです。

どうしてかと言うと、間に入る不動産会社は売却できれば良い訳なので、説得できそうな方の味方になってしまうからです。

例えば、上記の例で言うと、買主は2400万円くらいにならないか?とダメ元で値下げ交渉します。売主は2450万円で売りたいと伝えても、今度は不動産会社がどちらを説得するか考え、説得できそうな方を選びます。

売主がどうしても2450万円でないと売らないという意志が強くない限り、この買主を逃すと買い手がなかなかつかない可能性などを伝え、少し不安にさせれば、売主もしょうがない、と値下げを了承する確率が高くなります。

ましてや、売却までの期限がある人の場合はなおさら、値下げ交渉に応じるしかなくなる訳です。不動産会社にとっては50万円価格が下がろうが、100万円下がろうが、貰える仲介手数料は数万しか変わらないので、値下げに関係なく売れれば良いという考えになりやすいんです。

では値下げ交渉を回避する事はできないのか?

100%回避するのは難しいですが、回避する確率を上げることはできます。売却の流れを説明しましたが、売り出しを開始してから、物件情報をみた購入希望者から内覧の申込みがあり、実際にマンションを内覧する事になるのですが、その内覧時を利用して回避する方法を紹介します。

この内覧ですが、集まるのは購入希望者OR物件情報をみて気になった方です。という事は内覧に来る時点で購入する可能性がある人のはずです。

そこで、利用できるのが、複数の購入希望者を同時に内覧させる、又は、時間を少し被らせて内覧を行うという方法を使います。なぜ効果があるかと言うと、購入するかもしれない人が内覧に来ているので、もし購入しようと考えた時に、他にも見にきていた人がいる人気物件だと思わせることができるからです。人気物件を思わせることが出来れば、あまり値下げなどして話が流れてしまったらと悪い想像をしてしまい、値下げ交渉がしずらくなります。このように他にも購入した人が居るかもと思わせることができれば、値下げ交渉を回避できる可能性があります。

高く売る事も、大切ですが、値下げさせないという事も考えておくと、納得できる売却ができます。

また、内覧に来ている方はお客様ですので、印象が良いイメージを与えないと、そもそも購入までいかない可能性があります。内覧者を迎える際のポイントはこちらを確認ください。

COPYRIGHT© 2013 マンション売却で高く売る ALL RIGHTS RESERVED.